各課情報/産業推進室

ふるさと納税

黒潮町ふるさと納税(よくある質問)

2016年11月10日 10時30分 公開     2016年12月21日 14時43分 更新

もちろん、クレジットカード決済での寄附を受け付けております。クレジットカードでの寄附は、カード会社によってポイントも溜まりさらにお得になります。黒潮町ではクレジットカードでの寄附をふるさとチョイスにて受け付けております。VISA・MASTERCARD・JCB・ダイナースクラブカード・アメリカン・エキスプレスのカード会社からお選びいただけます。ふるさとチョイスへは→こちらから

 

 

特産品は、一部の品を除いて寄附を確認したのち1か月以内に発送いたします。日時指定される場合は、ご入金から14日以降の日付でご指定いただけます。ぜひ、ご贈答や記念日などにご活用ください。
なお、年末年始(12月26日~1月9日)の日時指定はいたしかねますので、予めご了承ください。

 

 

いつでもふるさと納税を行うことができます。
ただし、税の軽減については、「1月~12月」の年単位となりますので、例えば本年の1月にふるさと納税を行った場合は、その年の12月までの1年が経過した後に、その1年間の所得に対する課税の中で取り扱われることになります。

 

 

特に上限はありません。
税金が控除される範囲内で収めるのであれば、受けられる寄附金控除の額には上限があります(ふるさと納税を行った方の収入や他の控除等の状況によります)。
また、自己負担額の2,000円を除いた全額が控除される、ふるさと納税額の目安一覧と、収入と家族構成・寄附金額を入力して、寄附金控除額を計算(シミュレーション)することができますので、下記のリンクをご活用ください。
なお、具体的な上限額の計算は、お住いの市区町村の住民税を担当する部署にお問い合わせください。

全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安はこちら
控除額の計算(シミュレーション)はこちら

 

 

ふるさと納税を行うことができる自治体の数に制限はありません。
自己負担となる2,000円は、1回ごとの寄附について必要となるものではなく、1年間(1月~12月)の寄附金総額に対して必要となるものなので、同じ自治体に何回申し込んでも大丈夫です。
ただし、「寄附金控除」の額には、寄附をした人の年収に応じて上限がありますのでご注意ください。また、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の適用は、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内である場合に限られます。

 

 

 

 

 

 

 

     

 

   

 

この情報はお役に立ちましたか?

このページの内容は役に立ちましたか?

    

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

  • 黒潮町 本庁

    〒789-1992 高知県幡多郡黒潮町入野2019番地1
    電話番号:0880-43-2111(代表)
    E-mail:somu@town.kuroshio.lg.jp

  • 黒潮町 佐賀支所

    〒789-1795 高知県幡多郡黒潮町佐賀1092番地1
    電話番号:0880-55-3111(代表)